• ホーム
  • 尖圭コンジローマの症状にはベセルナクリームで治療

尖圭コンジローマの症状にはベセルナクリームで治療

頭痛

尖圭コンジローマとは代表的な性行為感染症の1つとされており、ヒトパピローマウイルスが感染することが原因で生殖器やその周辺にイボが出来る病気のことをいいます。
尖圭コンジローマに罹っている人と性行為を行うと半数以上の人が感染すると言われており、感染力の強いウイルスと言われています。

また、性器周辺部位だけではなく、口や喉などに感染することもあります。
尖圭コンジローマが発症しやすい年代は、10代後半から30代頃までと言われています。
ヒトパピローマウイルスに感染してから発症するまでの潜伏期間は個人差が大きく、数週間から数か月程度かかるのが一般的です。
潜伏期間が長い場合には、半年かかることもあります。

尖圭コンジローマの症状は、ブツブツとしたカリフラワーのようなイボが出来ることです。
イボが硬く尖っていることもあり、イボが密集してできる場合もあります。

外陰部や子宮頚部、膣などの皮膚や粘膜に出来やすいのが特徴です。
症状が悪化すると広がってしまいますが、痛みや痒みを伴うことはありません。

子宮頚部や膣などに尖圭コンジローマが出来た場合には、症状を自覚することがないので感染していることに気付かずに放置してしまう人もいます。
子宮頸がん検診などを受けた際に発見されるケースもあります。

尖圭コンジローマの治療方法には、薬物療法と外科的療法があります。
薬物療法に用いられる代表的な治療薬がベセルナクリームです。
ベセルナクリームはイボに直接塗ることで、ウイルスに対しての免疫力を高めることができます。
それにより尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスの増加を抑制してくれます。

外科的療法では、主にイボを切除して取り除く手術が行われます。
手術には、液体窒素凍結手術・外科的切除手術・電気焼灼手術・レーザー光線蒸散手術などの種類があります。
ベセルナクリームは国内初の尖圭コンジローマの治療薬で、ベセルナクリームが登場するまでは手術をするしか有効な治療法がありませんでした。

稀に自然治癒することもある

尖圭コンジローマによってできてしまったイボでも、ごく稀にですが自然治癒することがあります。
ただし、自然治癒するのは初期段階の症状が軽い小さなイボの場合だけで、症状が悪化してイボが大きくなった場合には自然治癒することはほとんどありません。

また、自然治癒するのは身体の免疫力が高い状態にある時だけです。
尖圭コンジローマを放置しておくと悪化してイボが増加してしまうことの方が多いので、できるだけ早い段階で適切な治療を行う事が大切になります。
自然治癒するのは稀な場合なので、それは期待せずに医療機関を受診する必要があります。

尖圭コンジローマは症状が軽い初期の段階では、ベセルナクリームを患部に塗るだけで十分な効果を得ることができます。
ベセルナクリームによる薬物療法は外科的療法に比べて治療が簡単なので、患者の体にかかる負担を減らすことができます。
しかし、症状が悪化してイボが増えてしまった場合やイボが大きくなってしまった場合には、外科的療法によって取り除く必要が生じることもあります。
外科的療法は即効性が高く、効果も確実なので現在でも広く行われている治療法です。

ただし体にかかる負担は大きいと言われており、手術後に痛みが続いてしまうようなケースも見られます。
手術によって痕が残ってしまうリスクもあります。

また、外科的療法の方が薬物療法よりも再発するリスクが高いとも言われています。
ベセルナクリームによる治療はヒトパピローマウイルスに対する免疫力を高めるため、再発するリスクを低く抑えることができます。
外科的療法のように患部を傷つけることもないので、尖圭コンジローマの治療ではベセルナクリームを使った薬物療法が一般的になってきています。

人気記事一覧