• ホーム
  • 性病治療薬はジェネリックを選択が経済的

性病治療薬はジェネリックを選択が経済的

性病と聞くとごく一部の人にしか関係ないようなイメージがありますが、実際にはそんなことはありません。
近年は20代の若い女性を中心として性病が年々増加傾向にあり、決して無関係でいられる保証はありません。

性病とひと口に言っても、その種類は実に多彩です。
中には治療薬の価格が非常に高い性病もあり、長期間継続して治療が必要になるため経済的な負担が大きくなってしまいます。
費用が心配で治療を躊躇うことがあってはいけないので、このような場合はジェネリック医薬品を利用してみましょう。

ジェネリック医薬品は、最初に開発された医薬品の製造方法や成分などを真似して作られた後発医薬品のことで、特許が切れた医薬品なら製造することが認められています。
日本ではさらに厚生労働省の承認を受けないと販売できないのですが、既に国内ではいくつものジェネリック治療薬が活躍しています。

ジェネリック医薬品最大の特徴とメリットは、先発の薬と比べると圧倒的に薬価が安いことです。
通常、医薬品は研究開発に莫大な費用がかかるため、販売されるとそれを回収するために高額な薬価が設定されます。
ところが、ジェネリックなら全ての情報をコピーすれば良いだけなので、開発費が全くかかりません。
そのため先発の薬よりずっと安い薬価にすることが可能で、性病の種類によっては先発の薬の半額から3分の1ほどで済むこともあります。

もちろん、ジェネリックでも効果が劣ることはありません。
使用されている主成分は先発の薬と全く同じですし、国内で取り扱われているものなら厚生労働省に認可されているので安全性も折り紙付きです。
ジェネリックを希望する場合は薬局で処方される前にその旨を伝えれば良いので、特別な手間はありません。

ただ、中にはジェネリックでも高い、他の種類のジェネリックが欲しいという人もいるでしょう。
そんな場合は、国内処方ではなく医薬品の通販を検討してみましょう。
海外から通販で医薬品を購入すれば、よりお得な価格でジェネリック医薬品を手に入れることができます。

個人輸入代行の通販でのまとめ買いがさらにお得

医薬品を通販で購入できるのかと驚く人も多いですが、もちろん一定のルールはあります。
厚生労働省のガイドラインによると、あくまでも個人利用目的に限り、約1ヶ月分相当量までの輸入なら個人でも認められています。
つまり、法人や個人が転売目的で大量に注文すると法律違反になるので注意しておきましょう。

通販で購入したい場合、自分で全てを手配する必要はありません。
基本的には個人輸入代行を請け負っているサイトを利用し、一般的な通販と同じように必要な薬を注文すれば自宅に届けてもらえます。
現在では個人輸入代行サイトも数多く存在するので、その中から確実に正規品を扱っている、実績のあるサイトを選ぶことが重要です。

通販を利用すれば、約16,000円以内であれば1ヶ月分と見なされるのでまとめ買いも可能です。
個人が性病治療で使う医薬品なら、それだけあれば十分な量を買うことができます。
性病の治療薬は少数ずつパッケージされている商品が多いので、継続的に使用するなら16,000円以内でのまとめ買いがお勧めです。

個人輸入代行サイトは、まとめ買いした方が単品で買う場合より安く買えるのが一般的です。
まとめ買いする量が多ければ多いほど割引率も高まり、単品の更に半額以下で購入できる場合もあります。
海外では日本と薬価設定も異なり、病院で処方してもらう場合よりずっと安いのが常識です。
そこからまとめ買い割引されるので、国内処方とは比べ物にならないほど安く治療薬を手に入れることができるでしょう。

海外では国内で承認されていないジェネリック医薬品も数多く取り扱われているため、ほとんどの性病治療薬を格安で買うことができます。
少しでも安く治療したい場合は、利用してみると良いでしょう。

人気記事一覧