• ホーム
  • 日本は性病感染を防ぐコンドームの使用率が低い

日本は性病感染を防ぐコンドームの使用率が低い

日本においては、性病を防ぐことを目的としてコンドームを使用する人が少ないことが現状です。
海外では、コンドームは医療用避妊具として認識されていることはもちろん、性感を予防するために使用するものとして認識されています。
性病を防ぐことを目的としてコンドームの使用率が低いため、性病に感染する方も増加傾向にあります。
性感のリスクを低減するためには、コンドームの使用率を増加させる必要があります。

性病を防ぐためには、通常の性行為の際にだけコンドームの着用が必要なだけではありません。
アナルセックスやオーラルセックスのような性行為を行い際にもコンドームを装着することが重要です。
最近では、日本においても性行為の多様化が進行し、性器だけではなく口腔内に性感が感染するケースも増えてきています。
性病はアナルセックスやオーラルセックスによっても感染するものですし、性器だけではなく、口腔内にも感染します。
特に、口腔内に感染した性病は自覚症状として認識できる症状も少ないため、気づかない内に性病に感染してしまい、関係をもった人に知らず知らずのうちに感染させてしまっているケースも少なくありません。
そのため、性病の感染を予防するためには、アナルセックスやオーラルセックスを含むあらゆる性行為にコンドームを装着するようにすることが重要です。

コンドームの使用率が低いことと同時に、コンドームが正しく使用されていないことも問題です。
射精時にのみコンドームを着用すれば避妊効果を得ることができると勘違いしている人も多いですが、射精時だけでなくとも、カウパー液と呼ばれる体液には精液や性感の病原菌も含まれています。
そのため、射精時だけではなく、最初からコンドームをしっかりと着用しておくことが重要です。

コンドームは正しく使用すること、そして、避妊のためだけではなく、性病を予防するためにも必要であることを認識することが大切です。
コンドームの使用率を高めることで、性病を未然に防ぐことができるようになります。

初期症状が無い場合は性病感染に気づいていないことも

性病に感染していることに気づいていないこともケースも非常に多いです。
初期症状があまりない性病の場合、本人でさえも感染に気づいていないケースが多くあります。
特に、口腔内の性病は自覚症状がないケースも多く、本人でさえ気づいていないことも多いです。
日本においては、性器を中心としていた感染部位が口腔内にも広がっており、以前と比べて初期症状がほとんどないまま感染してしまう人が増加傾向にあります。
本人が感染に気づいていないと気づかないうちに感染も拡大させてしまっている結果、感染が広がってしまっているのです。

オーラスセックス・アナルセックス・ディープキスなどが感染経路となるため、これらの行為を含むあらゆる性行為は性病の原因となる可能性があります。
もし性病に感染していたとしても、その症状はすぐにあらわれるわけではありません。
感染してから症状が出るまでに数日を要する性病もあります。
つまり、初期症状がない場合でも性病に感染している可能性はあるということです。
症状も性病の種類によって異なるため、専門的な知識がない者が診断することはほとんど不可能であると言えます。

性感染症を思わせるような症状があらわれた場合、すぐに専門医に相談することが大切となります。
基本的に、性病が自然治癒することはありません。
性病の症状があるないに関わらず、医療機関を受診した方が予防という観点からは良いです。
医療機関で治療を開始した場合には、中途半端に治療せず、自己判断で治療を中断しないようにすることが重要です。
回復したように見えても原因菌が根絶されない限り再発する可能性は十分に考えられます。
治療の際には医師の指示に従うことが大切です。