• ホーム
  • 男女で異なる淋病の症状の種類とは

男女で異なる淋病の症状の種類とは

淋病は男性と女性とで症状がかなり異なる性病です。
性感染症には様々な種類のものがありますが、淋菌という細菌に感染することによって引き起こされるのが淋病です。
日本では、クラミジアの次に多い性病で男性には特徴的な症状があらわれますが、女性は症状も軽く症状が進行するまでよくわからないことも少なくありません。
男女では淋病の症状の種類も程度も異なるので注意が必要です。

クラミジアとは反対に男性の患者が圧倒的に多いことが特徴です。
淋病はオーラルセックスやアナルセックスを含むあらゆる性行為によって感染する性病となっています。
オーラルセックスではのどへ感染することもあり慢性の扁桃腺炎を引き起こすこともあります。
膿や分泌物がついた手で目を擦ってしまうと、結膜炎や角膜炎になることもあるので注意が必要です。
淋病は治療を行わなければ増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなります。
のどの咽頭部分にも感染するため感染箇所に応じて適切に治療を行う必要があります。

男性の場合、淋菌に感染後2日~9日程度の潜伏期間を経て尿道炎の症状を引き起こすことが多いです。
放置すると前立腺炎や副睾丸炎を引き起こします。
慢性化すると関節炎、皮疹、心内膜炎などを引き起こす可能性もあります。

より具体的な症状としては、排尿痛や膿、尿道口の腫れが起こるようになります。
感染初期に排尿痛が起こることが特徴で尿道から白色もしくは黄色の膿が出てきます。
稀に症状が出ない人もいるため注意が必要です。
重症化すると、淋菌性急性前立腺炎となり、高熱が出て排尿が困難となります。
感染が精管から精巣上体に進んでいくと淋菌性精巣上体炎になり男性不妊症の原因となることもあります。

女性の場合、排尿痛や不正出血、下腹部の痛みや膿のようなおりものが出るようになります。
ただし、かなり多くの方が無症状であることが特徴です。
より具体的な症状としては、排尿痛・不正出血・下腹部痛・膿性のおりもの、おりもの量が増えるなどの症状が挙げられます。
症状が重症化すると卵管炎や卵巣炎を引き起こし、骨盤腹膜炎のような重篤な炎症を引き起こすこともあるため注意が必要です。

淋病は抗生物質での治療が最適

淋病の治療には男女ともに抗生物質を用いることがほとんどです。
この抗生物質は注射によって投与されることが多くなっています。
淋菌性尿道炎などに対する治療に際しては、抗生物質を内服する治療よりも、注射薬の十分量を1回のみ投与することによって淋菌を確実に滅菌する単回投与療法が推奨されています。

しかし、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因の性病クラミジアの治療で使う薬が淋病でも使われることがあります。
その理由は耐性菌(薬に対して免疫を持っている菌)が増加しているからです。
そのため、内服薬としてクラミジアの治療で使われる薬が淋病の治療においても使われることがあります。
内服薬として使われているのがアジスロマイシンを主成分としている「ジスロマック」というクラミジア治療でも使われている薬です。

また、淋病感染者の多くがクラミジアの感染を合併していることが多いという点も、クラミジアの治療薬であるジスロマックが処方されることが多い理由の一つです。
治療を開始して1ヶ月程度の期間が経過し症状が消失したとしても、淋菌が完全に消失していることが確認されて初めて完治したと判断できます。
症状が消失したからといって自分で勝手に治療を止めてしまうと再発する可能性があり、症状が重症化してしまうこともあるため注意が必要です。

治療にあたってはパートナーと一緒にする必要があります。
特に、女性の場合淋菌に感染していたとしても症状があらわれないことも多いため感染を見落としがちです。
一方だけが治療を受けたとしても、もう一方のパートナーと性行為を行いと再び感染してしまう可能性が高いです。
このようなピンポン感染を防ぐためにも、淋菌に感染していることがわかったらパートナーと一緒に治療を行うようにすることが大切です。